あれから

一滴も雨が降らない。
あれだけ降ったからなのか・・・
毎日毎日水やりが大変。
もう一日水やりをしても、
なかなか全部の畑には間に合わない。
かわいそうなことになってしまっている。
わたしたちも可愛そうなことになっている。
川はそこにあるのだけれど
川まで降りたり汲み上げたりしなきゃならない。
もう夕飯を食べたら眠たくて眠たくて・・・
大好きな西瓜で何とか頑張っているけれど・・・
天気予報を見たら日曜までは、
雨が降らないらしい。
トマトなんかまだ青いのに、落ちてしまう。
やはり水が足りないのか?
キッチンに置いておけば熟すんだけれど・・・
せっかくだから赤くなるまで頑張ってほしい。
 
今年のカボチャは初めてのロロン。
わたしとすれば雪化粧にしてほしかったけれど、
畑のみなさんがロロンロロンと言いはるのでロロンにしました。
ちょっと珍しいラグビー型のカボチャ。
ひとつが大きくて2キロくらいありそうで、
まず半分に切るのが大変だった。
もう固くて固くて・・・
レンジですこしチンをしたらいいのだけれど、
電子レンジを使うと丸ごと食べなきゃいけないので、
全体重をかけて半分に切りました。
包丁が折れるかと思った。
でもびっくりするくらいおいしくて、
ほんとうに栗みたいだった。ホコホコ。
半分を誰かにあげようと言ってたけれど、
これはおいしい、主人が毎日でも食べられると、
言ったので最初に取れた一個目は、
うちでいただく予定です。
今日またロロンが取れたのでこれは、
皆さんに配ります。
雪化粧よりもおいしいカボチャがあったとは・・・
 
 
大好きな「真珠採り」
ポールモーリアで・・・
原曲はビゼーのオペラ 真珠採りより「耳に残るは君の歌声」
二つ並べてみました。
すばらしいテノールだ。
 
 
 

              
 
・今は黙す丸ごとカボチャ切る力 静

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一週間ぶり

誰も聞いてないけれど、
言い訳するなら体調不良で安静にしてました。
ふと気づくともう7月半ばで13日で金曜で、
そして目の前に〆切りが・・・
 
 
その間にコロキュウムの誌上大会発表号が来ていた。
ほんとすっかり忘れてました。
あれ・・・やはりだめだったかと思っていたら、
々々さんが拾ってくださった。
この句は中途半端に投句してしまった感じ。
下句っていうかあとの半分っていうか、
ここがもう時間切れでそのまま投句した。
もっともっと推敲したかったけれど・・・
あの時にはもう時間がなくてと、
言い訳ばかりだけれど・・・
でも拾っていただきありがたいことでした。
久美子ちゃんにもこの句じゃない、違う句の方を、
拾っていただきました。
この句は独りよがりの句かもしれないと、
思っていた句だから、
伝わったんだと、とてもうれしかったです。
 
1000句の中から入選55句、秀逸5句 特選1句でしょう。
よく入ったなって思っています。
もうね今年の初めくらいから、
句は詠めなくなっている。
下手になったっていうか・・・
わけわからない状態です。
なのに7月なのに〆切り多い。
倒れていても頭がぼーっとしてても、
〆切りは待ってくれない。
ここいらで一度線を引くのもいいかもしれない。
だいたいが18年近く詠んできたというのが、
もう自分でもびっくりしてる。
よく続きましたね ほんとうに。
 
 
ビージーズ「若葉のころ」
映画「小さな恋のメロディ」に使われて、
ヒットしたんじゃなかったかしら。
 
 
・七月の遥かを足しておきました 静

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どれだけの雨が

あるのだろうか。
まあよく降りますこと。
もう三日降り続いています。
明日も雨らしいから四日間降るってこと。
 
夜中に大雨になるんだろうなって、
思いながら眠る。
2時20分に最初のエリアメールが鳴る。
慌ててみると佐保川の水位が上昇し
危険な水位に達する恐れがあるから、避難準備。
それから30分ごとに鳴る。
佐保川および地蔵院川の水位が上昇と
またひとつ増えてる。
3時30分ごろ地蔵院川が危険な水位に達したから避難しろと。
それからは矢田の土砂崩れと避難所開設したと。
秋篠川が氾濫しそうだから避難しろと
秋篠川とか矢田丘陵だと大丈夫と眠る。
 
5時ごろから、窓から海の底にいるような、
雨をずっと眺めていた。
田んぼと畔の境などもうわからない。
どこまでも田んぼはみんな池。
6時ごろからちょっと小降りになってきたので、
主人が止めているのにちょっと見てくると出かけた。
佐保川の方へ歩いて行ったらしい。
やはりそういう人は多くて、
みんなですごい雨でしたねなんて、
話しながら歩いたらしい。
コンビニの前あたりで、
ここから先は行けませんと、
警察官に止められたらしい。
地蔵院川が一部氾濫したらしい。
 
でも警察官とか消防士はえらいね。
あんな朝早くから・・・
きっと真夜中からと思うけれど、
大雨の中、道路に立って警戒をしてはる。
佐保川じゃなくて地蔵院川でよかったわ。
10年ほど前、蟹川が一度、
氾濫したことがあったけれど、
小さな小さな川なのに、もうどうしようもなく、
水が流れ込んできたのを思い出した。
佐保川が氾濫したら・・・考えたくないわ。
 
今日はときどき小降りになるので、
スーパーへ買い出しに行ってきました。
考えることは一緒で混んでいました。
野菜はあるので、買うのはもっぱらタンパク質。
タンパク質とうるさい人がいるので・・・
きゅうり、なす、ブロッコリー、アスパラ、トマト、
ピーマン、万願寺、じゃがいも、玉ねぎ、カボチャ。
おなじ野菜ばかり食べているけれど、
栄養は偏らないのかなって思う。
 
 
明日もまた雨ばかり見ているのだろうな。
電車が止まっているので、
働いている人は大変だろうな。
それと、どこかへ行っていて足止めされている人たち。
どうしてはるのだろうか。
 
 
ジリオラ・チンクエッティの「雨」
雨に閉じ込められているから、
雨の歌をとはじめはブラームスの「雨の歌」を、
思ったんだけれど・・・  
 
 
・さよならは言えたし雨は上がったし 静

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まだ梅雨も明けていないのに・・・


この二三日は34℃。
今日も朝から扱った。
まあ洗濯物がよく乾くからいいけれど・・・
何にもしていなくても暑い。
種をテントの中に広げたままだったので
片づけに行こうかという時に雨が降ってきた。
このままだと種が濡れてしまうと
気を揉んでいましたが、しばらくすると、
上がったようなのでよかったよかったと、
畑に行く用意をしていると、
さっきとは全然違う大雨が降ってきた。
音からして違う。
もう嵐かと思うほど。
種が・・・
それも30分ほど降って気がすんだのか上がった。
お陰様でというかなんと言えばいいか、
あの暑さがどこかへ飛んでいってしまった。
ちょっとさわやかな空気になりました。
これは助かるわ♪
種は濡れてしまったけれど・・・
 
この頃は19時半ぐらいまで明るいので、
畑から帰ってくるのが主人はそのあたりで、
わたしは夕飯の準備があるので18時過ぎには、
帰っているのですがそのせいで夕飯が、
いつも20時近くになってしまうのが、
ちょっと身体にはよくない気がする。
気がするけれど、
やはり16時ごろ涼しくなってからしか、
畑にはよう行かないので、そんな時間になる。
朝と夕方は畑へ、お昼はお昼寝しています。
川柳はいつしているのかとなりますが・・・
夜はもう眠たくなってしまうのでできないな。
 
 
谷性寺のききょう。
やっと撮りました。
撮ろうと撮ろうと思っていたけれど、
つい忘れてしまって・・・


B_2
       B_1

 

サウンド・オブ・サイレンス 

サイモンとガーファンクルの歌詞は、
難しいけれど特にこの曲は・・・
 

・そうなんだ字余りなんだ砂時計 静

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六月も終わり

もう半年も過ぎたということ。
なんぼ考えても早いわ・・・
そしてこちらは雨が降ってないけれど、
いまにも降りそうな雲だから、
蒸し暑い!
蒸し暑いからか終わりだと思ってたいちご、
爪くらいのイチゴが七つほど取れた。
がんばるよね~いちご。
スーパーでは西瓜が売っているというのに・・・
 
 
 
あまり野球のこと言いたくないんだけれど、
昨日の審判はひどかった。
ひどかったっていうより、おかしいのじゃないかと思う。
自分の失敗を認めないで屁理屈っていうか、
全然意味の分からないこと言って、
その失敗をなかったことにしてしまった。
あれは誰が見ても3フィートルールに違反する。
芝生のところまで走って逃げているのに、
北條にアウトにする意思が感じられなかったって、
どういうこと!!
北條はそれでも追いかけて行ったじゃないの。
一生懸命手を伸ばしていたじゃないの。
空タッチよりも3フィート違反で、
その時点で走者アウトじゃないの。
久しぶりに面白い試合だったのに・・・
あなたが3フィートルールを忘れてただけじゃない。
これからもみんなが走路を外れて逃げまくっても、
セーフだということになるのでしょうか。
たぶんヤクルトも勝っても素直に喜べなかったと思う。
わたしちゃんと名前を覚えましたからね。
安倍政権があれやこれや言い訳をして逃げて、
責任を取らないのが、
日本国中に広がっているんじゃないの。
 
 
 
気を取り直して、
Let It Be
もしかしてケセラセラ見たいなもの??
ちがうか・・・
Mother Maryは聖母マリアかなって
思っていたけれど・・・
母というのもいいかもしれない。
 
 
 
・あやふやな記憶のままで飾られる 静

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手紙

あれだけ雨が降ったのに、
この三日ほどお天気が続いてる。
風もちょっと強くて、今の時期は畑にいると、
この強めの風が肌に心地よく助かります。
あまりきついと畑の隅っこに建てたというか、
作ったテント小屋が飛ばされそうですが・・・
 
このテント小屋は苗を育てたり、畑用の道具、長靴、
傘なども置いてあり、ちょっとした休憩にもいい。
突然の雨の避難小屋にもなっていて助かっています。
他の畑の人も寄ってきてお茶を飲んだり、
お菓子を食べたりする場所にもなっています。
はじめはスチールで作っていたのだけれど、
もしものときのことを考えてぜんぶ木材に変えました。
たぶんわたしが後始末をするときに、
大変だと思ったのでしょう。
だから台風とかちょっときつい風だと心配です。
まあもう三年は持っているから大丈夫と思うのですが・・・
 
 
 
昨日、岩手の人からお手紙が来ました。
川柳を始めて4~5年の人です。
ちょうど始めた頃に大野風柳賞に選ばれた、
わたしの句に出会ったそうです。
こういう句を書きたいと思ったそうです。
そのあとどうしても句が見つけられなくて、
探していた時にアマゾンで、
「海の鳥・空の魚Ⅱ」を見つけたそうです。
アマゾンで売ってましたかとこっちがびっくりしています。
新葉館だけで売っていると思っていました。
読むとほっとして癒されるそうです。
本人はそこまで考えて作句している
わけじゃないのですが・・・
それはとてもうれしいことです。
そして、月波与生さんの「川柳ってなんだ」を読んで、
「海の鳥・空の魚Ⅲ」が出版されたことを知って、
探したけれどどうしても見つからず、
お手紙を書いたということでした。
どうして住所がわかったのか不思議でしたが、
後で考えたら句集には住所を載っていたのでした。
 
句集を出すということは、
こういうことなんだなって思いました。
わたしの知らない人と句を通して、
出会えるんだって思いました。
お手紙をいただかなきゃ、
そんな人がいることもわからなかったし
どこでどうつながるかほんと偶然って、
すごいと思いました。
 
本人が意図したよりも大きくなっているのが、
ちょっと怖い気もするけれど・・・
 
 
まあ梅雨ってことで
「雨にぬれても」
雨に濡れるのは好きじゃない。
全然好きじゃないけれど、
この歌は雨の日に聴くととてもいいわ。
 
 
 
・負け方もいろいろあってちらし寿司 静
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やっと終わった

頼まれていた句をやっと揃えて出した。
推敲ばかりすると句が縮んじゃうんだけれど、
なぜかもう少しもう少しと・・・
よくなったのか悪くなったのかわからない。
でももう投句したから、わたしの手は離れた。
 
さあ今までに溜まったものを片づけましょう(^^)
いろいろせなあかんことがいっぱいあったけれど、
みんな放ったらかし・・・
気になっていた市役所へも、
やっと今日出かけました。
夕方だったけれど暑い日に行ってしまった。
中はクーラーが効いていたけれど・・・
 
さてと思ったら、「凛」がきた。
20年記念のつどい発表号。
つい読んでしまった。
まだ途中ですけれど・・・
机の上には「凛」をいれて7冊。
来た順に読まなきゃいけないのだけれど・・・
 
B_2
 
                         グラジオラス
              今はグラジオラスが色とりどりに咲いている。
B_3
 
  ちょっとグラジオラスの背が高くて切れてしまった。
     デイジーと赤のスカシユリ
B_1
 
                       ガクアジサイ
                去年までは青のアジサイもあったけれど、
               土が変わったのかピンクばっかり咲いた。
 
もう桔梗も咲いている。
家の桔梗は谷性寺(こくしょうじ)の桔梗です。
明智光秀ゆかりのお寺です。
ここで祈願して本能寺へ行ったらしい。
どこへ行った帰りに寄ったのか忘れましたが、
桔梗の球根が(大きなしょうがみたいなの)売っていました。
この球根から何回も分けてもう20年以上咲いています。
ちなみに明智光秀の家紋は桔梗です。
 
 
そしてこれが最後のいちごです。
 
B_1_2
 
               二日前ほどは二つか三つ取れていたけれど、
                 ついに一つしか取れなくなって・・・
                   これでおしまいと思います。
 
 
スメタナの我が祖国よりモルダウ。
スメタナはこの「我が祖国」を作曲したときには、
ほとんど耳が聞こえなかったらしい。
大好きな曲の一つです。
 
 
・満々と水が溢れている映画 静

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのあとは

ほとんどって言っていいくらい、
地震のあとには雨が降るよね。
朝からずっと雨。
外へはいけないくらいの雨脚。
行かなくてもいいけれど・・・
 
ふと思った。
川柳の選ぶ時って、
ものすごく心の状態に左右されるなって。
どうしてもその時の心のありようで決まる。
まあ、それは当たり前なんだけれど・・・
知っていることなんだけれど・・・
今はすごくすごく思った。
おかじょうき6月号のきさらぎ彼句吾さんの句。
・木洩れ陽を見上げる度にアベマリア
この句なんだけれど、
すっと心に入ったっていうか、沁みたっていうか、
アベマリアが降ってきた。
木洩れ日と言ってはるんだから、
たぶんシューベルトのアベマリアが、
普通だと降ってくるんだけれど・・・
わたしにはグノーのアベマリアが、
霧雨のように降ってきた。
日頃アベマリアなんて絶対思い出さない。
シューベルトもグノーも知っているけれど、
知らないと同じくらい思い出すことはない。
だけどこの句を読んでからずっと
頭の中でグノーのアベマリアが流れてる。
きっと地震のせいかもしれない。
どこか不安なのだろうか?
こんな時はやはりクラッシックがいいんだろう。
安らぐとか落ち着くとかそうじゃなくて、
クラッシックが持っている大きな力としか思えない。
 
 
 
 
・揺れているわたしに水の輪が届く 静

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震度5なんて・・・

震度4までは経験あるけれど、
震度5となるとそれも突然だったから、
まあ地震はいつでも突然ですが・・・
キッチンで洗い物をしていた。
下から突然突き上げてきた。
流しに掴まって食器棚の扉がスッと開くのを見ていた。
ただみてた。動けないもの。

ダイニングにいた主人は、
一番危ない人形ケースを押さえてくれている。
縦揺れだったからよかったのかもしれない。
横揺れだったら完全にダメだろう。
それにもう少し続いていたら、
どうなってたかわからない。
冷蔵庫とか食器棚とかたくさん物が置いてある、
キッチンから出なきゃいけなかったのに、
流しに掴まったままじっとしていた。
細かいものはいっぱい落ちたけれど、
大きなものはちょっと動いたけれど、
(地震マットをしてあったから?)
大丈夫だったので助かりました。
キッチンの柱にちょっと傷ができただけと思う。
余震があるからとしばらくはじっとしていたけれど、
掃除をしなきゃと始める。
掃除をしていると気がつかなかったものまで落ちている。
納戸へ入った時はちょっとびっくり。
食料品とか調味料その他もろもろ落ちていた。
まあこれで済んだからよかったものの、
ほんとうに怖かった。
 
震源は大阪の北部だというし、
奈良は大和郡山市と御所市だけが震度5だったようだ。
テレビで何度も大和郡山って言ってた。
でもなぜ奈良市じゃなくてここなのか??
 
このマンションではエレベーターが止まった。
動くまでしばらくかかりますって書いてあった。
いつも階段を上っているからいいけれど、
買い物したときなんかちょっと大変。
あの荷物もって6階まで上がるのかと思う。
震度5だと自動的にガスも止まるらしい。
それも全然知らなかった。
もちろん電車は止まりました。
通勤の途中の人は大変だっただろう。
途中で降ろされたらしいけれど・・・
過去形でまだ言ってちゃダメなんだけれど・・・
 
揺れが強かった地域では、
今後約一週間は最大深度6弱程度の地震に
注意が必要らしい。
M6程度の地震は日本国中いつでもどこでも発生しうるらしい。
それでも再稼働している日本。
それとキッチンで固まっているときに、
緊急地震速報がきた。
備えてくださいってもう遅いじゃない。
いままた余震が来た。
もう寝ます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

待つと言うこと

週末は主人が授業で一日中いないので、
わたしがひとりで畑をしなきゃならなかった。
昼頃から雨と聞いていたので、
他にも午前中にしなきゃいけないことがいっぱい。
土曜日はちゃんと早朝に起きられたのに、
なぜか日曜日は寝坊してしまった。
もうどれだけ慌ててお弁当作ったか。
ちゃんと冷ましてから詰めなきゃならないのに・・・
常備菜があったので何とか助かりました。
ソラマメとか便利菜とか・・・
しかし人間しようと思えばできるんだと思いました。
もう一度と言われれば無理かもしれない。
ガスもレンジもフル活用。
こういう風に時間を使えばいいのかもしれないけれど、
疲れるわ~
見送った後ちょっと脱力。
 
ちょっと休憩をした後、畑へ行く。
茄子もキュウリも生り始めました。
ちょっと小さいかなって思ったものまで収穫。
雨がひどくなって明日とか取れなかったら
たぶんもうお化けになっている。
そのくらい成長は早い。
ガーデンレタス、きゅうり、なすび、ねぎ、
ピーマン、万願寺、シソと取ってきて、
ふと見るとまだ苺が生っていた。
今年は本当に大きないちごが毎日できたので、
スーパーではあまり買わなくて済みました。
まあ虫さんとか鳥さんとか競争で取っているけれど・・・
ときどき虫さんに齧られると思い、
まだ早いのを取ってしまうこともあるけれど、
キッチンに置いておけば熟してくるので大丈夫。
だけどまだいちごが取れるなんて不思議。
だんだん小さくなってくるけれど・・・
 
Photo
 
                        スカシユリ
             いろんな色があったけれど今年はピンクと黄色だけ
Photo_2
 
       撫子とカーネーション
撫子もなぜか白ばかり元気。カーネーションは
いつも元気です。ピンクしかないけれど・・・
 
稲の苗を植え終わったあとの田んぼが一番好きかな。
植え終わった時じゃなくもう少したって、
青々と芽が伸びて水が澄んだ頃の田んぼ。
木々や青空や雲を写してほんとにきれい。
電車の窓から土手の上からそれらを見るのが大好き。
怜ちゃんに言ったらいつでも、もういいというくらい、
家の田んぼを見せてあげるから来なさいって言われたけれど、
わざわざ徳島まで行かなくても、
奈良でも十分見ることができます(^^)
お米を作ることを本業にしている人の
田んぼを見たことがありますか?
わたしは宮城県で見ました。
田んぼに塵一つ落ちてないのです。
家の中よりきれいなくらいとおっしゃってました。
もう田んぼはその人にとっては、
神聖な場所なんでしょう。
家の周りの田んぼはぜんぜんそうじゃなくて、
雑草もぼうぼうと生えているし、ゴミも落ちてる。
まあサラリーマンの人が休日だけ耕してはるか、
定年のあと田植えを楽しんではる人たちだから、
まあ覚悟が違いますけれどね。
 
 
You’ve Got A Friend
ただわたしの名前を呼べばいいの。
古き良き時代でしたね。
 
  
 
・なんとうつくしく汚れてしまったの 静

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«早々に梅雨に入ってしまった